駿河画廊





歌川広重『東海道五十三次・全五十五宿完揃』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大
商品番号:B6198
 

技法(種別): オフセットによる複製
外寸: ヨコ445xタテ370(mm)
内寸: ヨコ330xタテ205(mm)

新品 額付き 箱付き
 
5,500円(税込)

歌川広重画、東海道五十三次俯瞰図
起点江戸日本橋から大尾京師まで全五十五
こちらの商品は55枚セットになります。お好きな絵柄に差し替え下さい♪

作家:歌川広重(うたがわ・ひろしげ) 1797-18589年
江戸出身。葛飾北斎と庶民の間で人気を二分した浮世絵師である。
歌川豊広に入門し美人画や役者絵を描いた。
1831年頃から『東都名所』など風景画を手がけるようになり、1833年風景画の傑作『東海道五十三次』で声価を高めた。
他代表作は『木曾街道六十九次』『名所江戸百景』。広重は浮世絵画家としては世界に知らない人はいない。
30余程の東海道絵を描いたが、この東海道五十三次が一躍広重の名を知らしめた出世作でこれによって広重は一流の浮世絵師となり、当時の人々の心をとらえた。
山に水に、月に雪に、雨に風に、広重のもつ詩情が東海道五十三次を旅する人々の旅情を心ゆくまで描きつくしている。
1520 - 5000 - 5000 複製画
俯瞰図 江戸時代 浮世絵 和歌 俳句 名所 旅籠 日本 歴史 和 美術出版社 ED:なし
TOP