駿河画廊





後藤純男『塔映四季(秋)』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大   
商品番号:B6112
 

技法(種別): リトグラフ
外寸: タテ515xヨコ590(mm)
内寸: タテ320xヨコ410(mm)

良好 額付き 作家サインあり
 
143,000円(税込)

オリジナル・リトグラフィ
塔映四季-大和風物語-
21版18色
限定125部 エディション番号あり

版種:カラー・リトグラフィ
紙面寸法:タテ445xヨコ560(mm)
画面寸法:タテ320xヨコ410(mm)

用紙:ヴェラン・アルシュ紙
刷り:赤川版画工房
監修・解説:村木明
制作・発行:潟Aートよみうり
発行日:昭和59年4月10日


■作家:後藤 純男(ごとう・すみお)
1930年 千葉県に生まれる。
1946年 山本丘人、田中青坪に師事。
1952年 再興院展 初入選「風景」
1962年 再興院展 奨励賞・白寿賞・G賞を受賞「懸崖」
1965年 再興院展 日本美術院賞・大観賞を受賞「寂韻」
1969年 再興院展 日本美術院賞・大観賞を受賞「淙想」
1974年 日本美術院同人に推挙される。
1976年 再興院展 文部大臣賞を受賞。
1979年 現代日本絵画展代表団の一員として、初めて中国を訪問する。
1982年 中国・西安美術学院名誉教授となる。
1986年 再興院展 内閣総理大臣賞を受賞。「江南水路の朝」
1988年 高野山東京別院に襖絵「高野山の四季」を奉納。東京芸術大学教授となる。
1993年 奈良・長谷寺に襖絵「夏冬山水」を奉納。
1997年 東京芸術大学を退官。北海道上富良野町に「後藤純男美術館」を開設。
1999年 東京都高幡不動尊金剛寺に襖絵「桂林山水朝陽夕粧」を奉納。
     千葉県銚子市に「後藤純男美術館」を開設。
2001年 中国・西安美術学院研究棟内に「後藤純男工作室」が落成。
2002年 北海道上富良野町に「後藤純男美術館新館」が落成。
2016年 逝去。
  -   - 130000 版画
版画 大和風物語 風景画 日本 古都 ED:74/125
TOP