駿河画廊





碧峰『令和ものがたり』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大
商品番号:B5535
 

技法(種別): ブロンズ像
外寸: 高さ:200×幅:200×奥行:120 (mm)
内寸:  

新品 木ぬり台付 桐箱付き
 
158,400円(税込)

■作品解説
「令和ものがたり」
新元号の制定に伴い、令和の出典となった万葉集に納められる、
犬伴旅人が梅の宴での歌を題材に、早春をイメージし「老梅と鶯」をモチーフに製作したものです。
本作は、銅を主成分に精密鋳造技法で製作しております。

万葉集「梅花の歌三十ニ首」
「初春の今月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉をム披き、蘭は珮後の香り薫らす」
「時あたかも新春の好き月(よきつき)、空気は美しく風はやわらかに、
梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如き
かおりをただよわせている」

■作者略歴
碧峰
1945年 富山県高岡市に生まれる
1958年 冨山県立高岡工芸高校機械課卒
1974年 蝋型鋳造法の研究に取り組み実践する
1981年 会社設立、美術工芸品を生産する
1999年 意匠登録優秀企業として表彰受く

香炉、置物、茶道具、神仏具、幾多の工芸作家の作品、
有名作家の復刻、重要文化財のレプリカなどを手掛け、現在に至る。

重量:約900g
80000 - 160000 - 144000 オブジェ
置物 紅白梅 鶯 ウグイス うぐいす 小鳥 季節春 ED: 
TOP