駿河画廊





葛飾北斎『神奈川沖浪裏(F4号)』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大   
商品番号:R4190
 

技法(種別): 高精彩工芸画+手彩
外寸: ヨコ420xタテ340(mm)
内寸: ヨコ330xタテ240(mm)

新品 額付き 高精細巧芸画(手彩補色)
 
8,800円(税込)

本作は、葛飾北斎の名所浮世絵揃物『富嶽三十六景』全46図中の1図です✨
高く激しく渦巻く波濤と波に揉まれる3艘の舟、うねる波間から遥か彼方にある富士の山を垣間見るという大胆な構図で描かれています。
海外土産としても大変人気の高い作品です♪

⭐️高精細巧芸画⭐️
世界の有名美術館がレプリカを制作するため採用している最先端ジグレ版画技法で特製新絹本画布に表現し、最終仕上げは手彩による補色が加えられ、リアル感を醸し出しています。
空気中の光やオゾンなどに分解されにくい対候性を備えており、時間がたっても色調が変化しにくく、美しさが変わりません。

■作家:葛飾北斎(かつしか・ほくさい)
1760年 誕生。
1778年 19歳で勝川春章に師事、春朗と号す。黄表紙のさし絵や役者絵を描く。
1780年 歌川豊春・司馬江漢の影響を受け洋風技法を学び、遠近法・陰影法の研究を続ける(1800年まで)
1801年 洋風技法による『くだんうしがふち』『たかはしのふじ』などの「ひらがながき」の洋風版画を描いた。
1823年 『富獄三十六景』を描き始める。
1834年 『富獄百景』を描き始める。
1849年 北斎没、享年90歳。作品は三万枚を超えるが『富獄百景』は完結せず。 
2400 - 8000 - 8000 複製画
複製 風景画 浮世絵 富嶽三十六景 富士山 ED: 
TOP