駿河画廊





川端龍子『四季好果之図(F6号)』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大   
商品番号:R3242
 

技法(種別): 高精彩工芸画+手彩
外寸: タテ520xヨコ420(mm)
内寸: タテ400xヨコ310(mm)

新品 額付き 高精細巧芸画(手彩補色)
 
11,000円(税込)

⭐️高精細巧芸画について⭐️
世界の有名美術館がレプリカを制作するため採用している最先端ジグレ版画技法で特製新絹本画布に表現し、最終仕上げは手彩による補色が加えられ、リアル感を醸し出しています。
空気中の光やオゾンなどに分解されにくい対候性を備えており、時間がたっても色調が変化しにくく、美しさが変わりません。

■作家:川端龍子(かわばた・りゅうし)
1885-1966年
日本画家。
初め洋画を学び、白馬会に出品。
欧米歴遊後、日本画に転じる。
独学で日本画を習得した龍子は、4年という早さで1917年に近代日本画の巨匠横山大観率いる日本美術院同人となる。
のち青龍社を主宰し、画壇の雄として名を馳せた。
文化功労者・文化勲章受章
2500 - 10000 - 10000 複製画
日本画 静物画 絵画 複製 龍子 院展 果物 秋 花鳥 柿 枇杷 ED: 
TOP