駿河画廊





アルフォンス・ミュシャ『秋−四季(1900年版)』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大  クリックで画像拡大
商品番号:B4191
 

技法(種別): ジクレー
外寸: ヨコ485xタテ945(mm)
内寸: ヨコ305xタテ740(mm)

新品 額付き 限定300部
 
40,700円(税込)

春夏秋冬の四作品からなる連作「四季」のうち、『秋』の作品。
ビザンチン風の繊細な装飾品や衣装、結い上げられた波打つ髪、女性らしい豊かな体のライン、季節の花々、またそれらを縁取る枠線までもが柔らかな円弧を描き、調和した空間を作り上げています。
☆Mucha Foundationのエンボス印あり

■作家:アルフォンス・ミュシャ(Alfons Maria Mucha)
1860年 チェコ南モラビア地方に生まれる。
1884年 伯爵の援助を受けて、ミュンヘンの美術アカデミーで学ぶ。
1891年 雑誌に挿絵を描く、ゴーギャン、ストリンドペリに出会う。
1894年 サラ・ベルナール主演「ジスモンダ」のポスターを制作し大好評となる。
1896年 サロン・デ・サン展のポスターを描き、ロートレック等と共に出品。
1931年 プラハの聖ヴィタ大聖堂のステンド・グラス制作。
1936年 パリの印象派美術館でミュシャ展開催。
1939年 母国プラハにて逝去、享年79歳。
7552 - 37000 - 37000 版画
人物画 アールヌーボー 女性 四季 連作 季節秋 ED: 
TOP