静美洞世界の名画コレクション

世界の名画をお手元へ。あの感動を再び・・・ミュージアム・マスターピース
世界で愛され続けている巨匠たちの名画は、私たちに多くの感動とやすらぎのひと時を与えてくれます。
今回ご紹介しますのは、世界各国の美術館が所蔵する人気の高い作品の中から厳選し、高度な美術印刷と立体加工で仕上げた複製画のコレクションです。今まで美術館でしか見ることのできなかった名画の数々をお部屋に飾り、いつでも、身近にお楽しみください。

17,280円



ルノワール

オーギュスト・ルノワール(1841年-1919年・フランス)

ピエール・オーギュスト・ルノワール Pierre-Auguste Renoir
数々の人物画、肖像画、花の絵などで知られる巨匠ルノワール。印象派に加わったのち古典絵画を研究、晩年は豊満な裸婦像など人物画に独自の境地をひらきました。暖かい色調で親しみやすい画風の作品は、たくさんの人々に今も愛されています。 それらの作品は、数々の困難に直面しながらも、生涯を通じ真摯に絵を描き、生み出されたものなのです。




モネ

モネ(1840年-1926年・フランス)

クロード・モネ Claude Monet
睡蓮が咲く池や庭を見るとだれもが思い浮かべる絵があるのではないでしょうか。名作「睡蓮」を残したモネは印象派を代表する画家です。この「印象派」という名は、モネが1874年の展覧会に出品した「印象、日の出」をみた当時の人々が、その画風を揶揄して「印象派」と嘲笑を交えて呼んだことからと言われています。モネは、自然の中で輝く光の美しさに惹かれ、その探求と表現に生涯を捧げました。


モネが晩年を過ごした「ジルヴェニーの庭園」は
パリ郊外ノルマンディー地方の入口に今も残され、
手入れが行き届いた素晴らしい庭園や、日本びいきの庭、
実際の睡蓮の池などを見ることができます。



ゴッホ

ゴッホ(1853年-1890年・オランダ)

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ Vincent Willem van Gogh
1853年オランダ生まれ。ポスト印象派を代表する画家です。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られています。代表作の多くは1886年以降のアルル居住時代(1888年~1889年)とサン=レミ療養院時代(1889~1890年)に制作されました。フォービズムやドイツ表現主義など20世紀の美術にも大きな影響を与えています。1890年逝去。


ゴッホは、弟テオ夫妻に授かった子供の誕生を祝福して
この作品を描き上げています。可憐に咲く白い花には
健やかに育って欲しいという、ゴッホの願いが込められています
ミレー

ミレー(1814年-1875年・フランス)

ジャン・フランソワ・ミレー Jean-Francois Millet
1814年フランス・ノルマンディー地方生まれ。パリ郊外の村に定住し風景や農民を描いた、19世紀フランス「バルビゾン派」の画家です。
中でも農民を崇高な宗教的感情をこめて描いた作品類は、農業国の日本で特に親しまれています。

ダビンチ

ダヴィンチ(1452年-1466年頃・イタリア)

レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonard da Vinci
モナリザの微笑みの謎など今なお多くの話題を提供する、イタリアのルネッサンス期の偉大なる芸術家、発明家。遠近法やぼかしなどの絵画技法のほか、数学、天文学、工学などの多くの分野で発明やアイデアを残し「万能の天才」「人類史上もっとも多才な人物」と言われています。

モナリザの謎の微笑み・・・見る角度や見つめる場所によって
その表情が変わると言われたモナリザですが、巧みにブレンド
された色で微妙に輪郭をぼかし視覚的な効果を生んでいる、
と研究者により科学的な説明がされています。
世界の名画、駿河静美洞



世界の名画、駿河静美洞



世界の名画、駿河静美洞



世界の名画、駿河静美洞



世界の名画、駿河静美洞


世界の名画、駿河静美洞


世界の名画、駿河静美洞

▲このページのTOPに戻る